韓国人「実は日本産と知らずに食べているものがこちら・・・」


韓国MLBPARKから「我々が毎日食べている日本の品種の野菜一覧…」という記事を翻訳しました。

話題の記事


我々が毎日食べている日本の品種の野菜一覧…

タマネギ
国内産タマネギの80%は、日本の種子であり、年間30億ウォン以上のロイヤルティを支払っている。これまでの国産種子は小さく収穫量が少ないという評価を受けてきた。しかし、アジア種苗のタマネギ品種「オレオ」は、日本の種子よりも30%安く、保存性・成長が良く、栽培の安定性に優れている。

キャベツ
国内栽培の85%程度は日本の品種に依存している。最近では、国内の種子が少しずつ栽培面積を広げている。

えのき
日常でよく食べられているえのきやマッシュルームもロイヤリティを支払っている。国内で生産されるえのきのうち約80%は、日本品種である。えのきは日本種菌会社に販売収入の1%を支払っている。8000のキノコ栽培農家が外国に支払わなければならないロイヤリティは、一年80〜90億ウォン程度である。つまり、一農家当たり100万ウォンを超える。

 

それ以外にも、日本の品種は多く、その中には梨、リンゴ、 シャインマスカットなど、ロイヤリティを支払っていないものもある。

みかんも94%は、日本由来の品種…デコポンもデコポンを そのまま韓国式の名前で売られている。

どうせロイヤリティを支払っていないのであれば儲けてるんじゃないの?と思うかもしれないが、国産品種開発が遅れている品目の場合は 、毎年ロイヤリティをものすごく支払っているTT

種子国産化に人々が関心を持って 予算支援も多くなってくれればいいのだが・・・。

代表的にイチゴは、ほとんどが日本品種であったが、ここ数年お新しい品種は、ほぼ韓国品種に置き換えが成功している。


韓国の反応

はぁ・・・そうだったんだ・・・。
ブロッコリーは健康にとても良いのに、向こうの種子だったんですねTT

我々も種子を開発できたらいいのですがTT

我々も開発してない訳じゃないTT

我々の種子はIMFの時、海外、特にあいつらがたくさん買っていったので・・・それでほとんど全てを失ってしまい、開発を再開したものの、数的に押されてしまっている。

>>我々の種子はIMFの時、海外、特にあいつらがたくさん買っていったので・・・

そういう話ではなくて・・・。

スレ主が挙げている例は、彼らから品種を持ち込んで、ロイヤリティを支払っているものについてだ。

すぐにそれが出来なくとも、少しずつ置き換えていきたいですね。
国産えのきだってあるというのに、デパートの食品館などに行っても見たことがないです・・・。

自分が見つけられていないのか・・・。

とにかく見つけられなければ、買うこともできません。

はぁ・・・玉ねぎやえのきは凄く食べてるというのにTT
我々も種子の保存など、開発に投資を少しはしてほしいですよねTT

本当にこれは世界で武器になりますよTT

なぜロイヤリティーを支払っているものもあれば、一部で支払っていないものもあるんだろう?
>>なぜロイヤリティーを支払っているものもあれば、一部で支払っていないものもあるんだろう?

かなり昔にこちらに渡ってきた品種で、向こうが所有権を登録していないか、またはそのタイミングを逃してしまって支払っていない場合など・・・。

>>なぜロイヤリティーを支払っているものもあれば、一部で支払っていないものもあるんだろう?

かなり昔にこちらに来て、保護期間が満了しているものでは、梨やリンゴなど・・・。

向こうが登録をしていなかったせいで、海外に持ち出されてもロイヤリティを支払わなくてよくなっているケースはシャインマスカット。

新品種を定着させるためには10年は必要だし、いきなり置き換わっても安定的に供給できないのだから、簡単に扱うことは難しい。

スレ主が挙げている種子に関しても、30年以上かけて向こうの品種に合わせて勉強して栽培している人もいるけど、愛国心だけで新しい種子を作ることはできない。

そして、新品種は環境が少し変わるだけでも栽培量が減るし、供給も容易じゃない・・・。

国内産種子に良いものがあれば置き換えるのも正しいが、既にこちらの環境に合わせて適応している海外品種を、敢えて排斥する必要は無いと思う。

味などの品質+栽培で有利になって、画期的に優れたものが国内から出てこない以上、そんなにすぐに置き換わる訳が無い。

そういうものが作れた場合だけ置き換わっているのだと思う。

国産の種子に多くなってほしい・・・。
ロイヤリティは無視できないはずなので、国内の品種でいいものが現れてシェアが高まってくれることを願いますTT



海外の反応ランキング   ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村