韓国人「日本車と韓国車の実績を比較した結果・・・」


韓国MLBPARKから「昨年の日本車3社VSヒュンダイ起亜自動車実績比較.txt」という記事を翻訳しました。

話題の記事


その他の厳選オススメ記事

昨年の日本車3社VSヒュンダイ起亜自動車実績比較.txt

1. トヨタ自動車
売上高:320兆6,900億ウォン
営業利益:33兆3,700億ウォン
営業利益率:10.4%
時価総額:314兆3,300億ウォン

2. 現代自動車グループ(現代+起亜合算)
売上高:187兆4,700億ウォン
営業利益:11兆7,400億ウォン
営業利益率:6.3%

3. ホンダ自動車
売上高:148兆1,900億ウォン
営業利益:9兆1,700億ウォン
営業利益率:6.1%
時価総額:65兆4,800億ウォン

4.現代自動車(別枠)
売上高:117兆6,100億ウォン
営業利益:6兆6,800億ウォン
営業利益率:5.7%
時価総額:39兆6,300億ウォン

5.起亜(別枠)
売上高:69兆8,600億ウォン
営業利益:5兆600億ウォン
営業利益率:7.3%
時価総額:32兆2,700億ウォン

6. 日産自動車
売上高:90兆1,100億ウォン
営業利益:1兆5,600億ウォン
営業利益率:1.7%
時価総額:26兆6,100億ウォン

(スレ主)トヨタはまだ越えられない壁ですが、今は日産を抜いて、ホンダをわずかに上回るレベルまで上がってきましたね。

海外の反応人気記事


韓国の反応

電気自動車の方で発展したら、トヨタを上回ることも出来ませんか?
>>電気自動車の方で発展したら、トヨタを上回ることも出来ませんか?

それは不可能に見えますね。

トヨタは今は電気自動車に本格的に参入してませんが、参入条件は全て満たした状態になってます。

ゆっくりと市場に参入してきているため、トヨタがこの先リードしていくと思います。

>>トヨタは今は電気自動車に本格的に参入してませんが、参入条件は全て満たした状態になってます。

本格的に参入もせずに、この先どうやってリードするのでしょうか?ww

既に現代起亜はヨーロッパでも好評ですよ。

>>本格的に参入もせずに、この先どうやってリードするのでしょうか?ww

現代は先に参入したためリードしているだけです。

トヨタが本格的に参入すれば、電気自動車分野をリードすることは間違いないです。

クッポン(※度が過ぎた愛国中毒)も程々にしましょう。

トヨタ自動車はまだまだ越えられない壁です。

>>トヨタが本格的に参入すれば、電気自動車分野をリードすることは間違いないです。

将来的にトヨタが1位になって電気自動車をリードするって・・・。

客観的に見ても、ただのデタラメにしか見えないんですが。

私達はトヨタに比べて営業利益率が低いように見えますね・・・。
認めたくはないけどトヨタは本当に別格だ。

自分が死ぬ前に、韓国企業が日本企業をリードする可能性が見えない二つの分野が・・・

ゲームと車だ。

トヨタが日本のサムスンのような企業だと考えれば、現代と起亜は本当にたくさん追いついたと思う。
アメリカではまだ日本車の方が強いですよね。

耐久力の面で、現代車は日本車に追いつくことができないと言われています。

トヨタには確かに追いつくのは難しそうですね。

それでもホンダ、日産に追いついただけでも凄いことです(ブルブル

韓国という国が誇らしい。
トヨタの営業利益率10%(ブルブル
本当にめちゃくちゃ追いつきましたね・・・。
内燃機関車→電気自動車の過渡期の中で、それらの企業が全滅することだってありますよ。
>>内燃機関車→電気自動車の過渡期の中で、それらの企業が全滅することだってありますよ。

同意します。

アナログテレビ→デジタルテレビへの移行に似ていると思います。

しかし、トヨタという企業はどのように対処してくるのか・・・。



海外の反応ランキング   ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村