韓国人「壬辰倭乱で朝鮮軍に脅威を与えた日本の兵器がこちら・・・」

韓国MLBPARKから「壬辰倭乱当時の日本の対物狙撃銃」という記事を翻訳しました。


話題の記事

壬辰倭乱当時の日本の対物狙撃銃

対照銃(※火縄式大筒)

威力はどれほどだったのか。

壬辰倭乱当時、李舜臣(イ・スンシン)将軍の配下、鄭運(チョン・ウン)将軍に対照銃が命中し戦死。

こんな銃で撃たれれば死ぬのは当たり前と思うかもしれませんが

三重の盾

二重の米俵を貫通して、チョン・ウン将軍も貫通して、船の後方まで突き抜けた。

まさに原始古代の対物ライフル。

韓国の反応

銃というよりも大砲に見える。
>>銃というよりも大砲に見える。

戦国時代や壬辰倭乱の当時、日本軍は大砲をそこまで使用していなかったので、事実上、この対照銃を大砲のように使っていました。

対照銃(大筒)は映画でも見ましたが、二人一組で使っていたようですよ。

命中率はかなり低いと思う、きちんと狙って当たったのだろうか?

運が悪かったんじゃないかな・・・。

ほぼ大砲で笑ったwwww
それだけ威力が高かったら、もはや防御を堅固にしておく意味もないな。

適当に撃ったとしても全てが的になる。

もし自分が軍師もしくは将軍だったら、手軽に持ち運んで各種戦術に用いたと思う。

これ使って戦うのめっちゃ楽しいんじゃないか。

見た目通り、そのままハンドキャノンですね(ブルブル
これが頭に当たったら、頭がスイカみたいにそのまま吹っ飛ぶだろうな・・・。
これで狙撃できるというのが不思議だw

写真を見る限り、反動で射撃がかなりブレているけど、きちんと狙えてるのだろうか?

肩で固定して撃つことはできないようだし、別の固定装置でもあるのかな?

>>肩で固定して撃つことはできないようだし、別の固定装置でもあるのかな?

火縄銃は頬にしっかりと固定して撃つのが一般的な運用方法。

うわぁ・・・。
実際に物に命中したらどうなるのかを見てみたい。

画像だけでも威力の高さがわかるw

これは撃った人も肩を痛めそうだ。
狙って当てたんだとしたら凄いな。

そこまで正確な狙撃が出来るとは思えないけどw



海外の反応ランキング   ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村