韓国人「日本の少年漫画史上、最も絶望を与えたエピソードがこちら・・・」

韓国MLBPARKから「少年漫画史上最も絶望的だったエピソード.jpg」という記事を翻訳しました。


話題の記事

少年漫画史上最も絶望的だったエピソード.jpg

NARUTO「ペイン」編

NARUTOに登場する最大のヴィラン組織である「暁」。

その組織のリーダーとして知られるペインが突如6人になって現れ、木ノ葉隠れの里を襲撃する。

襲撃直前には伝説の忍者であり、鳴門の師匠だった自来也が殺されてしまう。

そして、本格的に襲撃を始めた六道ペイン。

ペイントの肉弾戦を繰り広げる中で、ナルトの担任であるカカシでさえ命を落とす。

天才忍者らしくバトルでは生き残ったが、その後、里のために自らを犠牲にして死んでしまった。

その後、ペインの大将である「天童」が里を直接破壊し始める。

言葉が意味する通り、本当に里そのものを破壊した。

遅れて仙人モードを習得したナルトが直接ペインを倒しに現れるが、返り討ちに・・・。

ナルトに片思いするヒナタが彼を守るために駆け付けるが、ヒナタまで倒れてしまい・・・。

人生の師匠を失い、担任を失い、木ノ葉隠れの里を焦土化されて・・・。

自分に片思いする女の子まで、ナルト自身を守って死んでしまった・・・。

メンタルを完全に崩壊させられたナルトは、今後、この難局をどのように乗り越えるのか。

主要キャラクターたちを容赦なく殺害しながら、連載を通して憂鬱で絶望的な雰囲気を演出したNARUTOのペイン編。

少年漫画ならではの希望に満ちた雰囲気を覆し、当時かなり話題になったエピソードだった。

韓国の反応

絶望といえば、ドラゴンボールのフリーザの「私の戦闘力は53万ですよ。」これが最高じゃなかったかwww
俺はハンターハンターでカイトの腕が吹っ飛んだシーンの方が更に絶望的に感じた。
>>俺はハンターハンターでカイトの腕が吹っ飛んだシーンの方が更に絶望的に感じた。

俺も少年漫画の中で最も絶望的なエピソードはハンターハンターのアリ編を挙げたい。

絵も伊藤潤二のような雰囲気も出てて、ホラーテイストも相まって怖かった。

>>俺はハンターハンターでカイトの腕が吹っ飛んだシーンの方が更に絶望的に感じた。

いやー、衝撃であればNARUTOの方がもっと上だったよ。

NARUTOの方がもっと人気漫画だからそう思うのかもしれないけど、当時、カカシが本当に死んでしまったと思った。

ワンナブル(※ワンピース、ナルト、ブリーチ)の中だったら、絶望感はNARUTOが一番じゃなかった?

子供が戦場に出て戦わなければならないような漫画の世界観だから。

正直言って、ペイン編がNARUTOの全盛期だったと思ってる。

この時のオープニングテーマのFLOWのSignって曲がめっちゃいい曲だから聞いてみてほしい。

自分が読んだバトル系少年漫画といえばワンピースやワンパンマンぐらいだから、少し偏っている意見かもしれないけど、少年漫画全般で絶望的な雰囲気を作っておいて、いざ最終的には誰も死なないというのは個人的につまらないと思う。

それほど多くはないかもだけど、一人か二人ぐらいは死んだ方が、物語的にも更に面白いんじゃないかと感じる。

>>一人か二人ぐらいは死んだ方が、物語的にも更に面白いんじゃないかと感じる。

自来也が死んじゃった時とか、本当にインパクトあったよな。

マジで圧倒的な強さだったから、こんなのどうやって倒すんだよって思ってた。

自来也が死んでしまったのもショックだったけど、カカシまでやられてしまったのがショックで、この時は夢中になってた。

NARUTOはストーリーも良いしキャラクターも良いし、作者の絵もめちゃくちゃ上手かったよな。

そして、それを様々な角度から見せようとする視覚効果が凄かった。

>>そして、それを様々な角度から見せようとする視覚効果が凄かった。

自来也が死んでしまってナルトが泣くシーンで、アイスクリームが溶けている中でナルトが涙を流す構図が良かった。

ブリーチの千年血戦篇の絶望感もなかなかだったよ。

それでもNARUTOのペイン編には及ばないけど。

敢えて少年漫画に限定しないなら、ベルセルクが絶望的な雰囲気の漫画のキングだと思う。
NARUTOという名作をBORUTOが粉々にしてしまった・・・。
ワンピースでエースがくだらない理由で死んでしまった時の方が絶望した。



海外の反応ランキング   ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村