韓国人「壬辰倭乱で朝鮮軍が日本に一方的にボコボコにされた理由がこちら・・・」

韓国MLBPARKから「朝鮮が壬辰倭乱の初期に日本にボコられるしかなかった理由」という記事を翻訳しました。


話題の記事

朝鮮が壬辰倭乱の初期に日本にボコられるしかなかった理由

明宗の時代、倭寇の船団70隻、5000~7000人規模が全羅道へと攻め込んだ。

当時の朝鮮はこれを上手く防ぎ、倭寇を全て撃退した。

その後、また倭寇に攻め込まれることを心配したことから防備を徹底し、三南(慶尚道・全羅道・忠清道)全体に渡って防備体制を整え、最大5万人規模で侵攻を防ぐ準備をした。

この時は防備を過剰にするあまり、民を苦しめていると批難を浴びたほどだ。

そして、豊臣秀吉が20万人の日本軍を朝鮮に送り込んだ。

20万人規模の軍隊の上陸は、当時の常識を遥かに超える常軌を逸した規模だった。

+これまで攻めてきたのは寄せ集めの倭寇に過ぎなかったが、壬辰倭乱の際にやってきたのは戦国時代の百戦錬磨の正規軍だったこともある。


韓国の反応

戦国時代の人々は戦に明け暮れていた人達ばかりだから、長期間大きな戦乱が無かった朝鮮とは必然的に戦力の差があった・・・。
5万人規模で守る準備を進めてたのに、20万人も来たのか。