韓国人「実は原産地が日本と知らずに食べているものがこちら・・・」


韓国MLBPARKから「私たちがよく食べる野菜の中で、原産地が日本のもの」という記事を翻訳しました。

話題の記事


私たちがよく食べる野菜の中で、原産地が日本のもの

メロン

黄色い下地に白色の縞模様の普段食べているメロンは、銀泉甘瓜(ギンセンアマウリ)という富山県が原産地である日本の品種。

1957年に韓国に輸入され、メロンの主流となったが、緑色のメロンこそ韓国原産。

しかし、日本はメロンでは完全に遅れを取っている。

1950年代までは日本もメロンをたくさん食べていたものの、1960年代以降、メロンが安価で流通するようになって、日本産メロンはほとんと絶滅。

そのため、日本人ですら、メロンは韓国原産だと思っている。

日本の富山県も黄色いメロンは県の固有種であると主張しており、韓国も日本から輸入したことを認めている。

しかし、全世界でこの黄色いメロンも「コリアンメロン」と呼ばれている。

そのことを日本人は全く気にしていない。


韓国の反応

日本産コリアンメロン。
最初によく出てきた優勢品種は日本産がだったが、後に独自開発された品種に変更されました。
韓国でもメロンは高い。

日本の人々が韓国を見て驚いたのは、一年中メロンを食べていること。

日本ではメロンは夏に食べるものだと言う。

メロンやシャインマスカットようなケースもあれば・・・。

明太子のようなケースもある・・・。

>>明太子のようなケースもある・・・。

日本は明太子を盗んでないし、ただ普通に食べてるだけじゃないの?

>>日本は明太子を盗んでないし、ただ普通に食べてるだけじゃないの?

Korean melonとなっているように、明太子も英語名がMentaikoになっている。

>>明太子も英語名がMentaikoになっている。

ああ、国際名称の話か。

>>明太子のようなケースもある・・・。

韓国でも明太子は食べるけど、日本ほどメジャーな食べ物じゃないんですよね。

元々は韓国料理だと言えば日本人もびっくりするぐらいで、ああ、だから唐辛子粉が・・・と納得はするんだけど。

理由は簡単。

日本人の口には柔らかいメロンの食感の方が好まれるので負けたのです。

メロンは柔らかくて食べやすいものが好き。
日本ではもうメロンがほとんど育てられていない。

そのため、韓国人が種までメロンを食べている姿を見て、驚愕したという噂もある。

以前、テレビ番組で原産地近くの広島県に行ったところ、メロンの形をしたパンの「メロンパン」と呼ばれるものが、メロンの痕跡として残されていた。
以前、家族と一緒に北海道へ旅行しましたが、バスツアー中に北海道で売られていたメロンがとてつもなかったですね・・・。

あれは美味しかったです・・・。



海外の反応ランキング   ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村